1. トップページ
  2. 製品情報
  3. バーコード データコレクター
  4. バーコード データコレクター
  5. KDC400

KDC400

  • 主な特長
  • 価格・オプション
  • 仕様・寸法
  • 各種ダウンロード

主な特長

Bluetooth® 無線搭載、バーコードリーダー、磁気カードリーダー
スマートフォン専用ケースとKDCのユニット構成

安価で業務用端末の導入が可能

安価で業務用端末の導入が可能KDC400は、スマートフォン(iPhone.GALAXY SⅡ.GALAXY Note)専用ケースとKDCのユニット設計により、データ収集~通信業務の簡略化を実現したバーコードデータコレクターです。お手持ちのスマートフォンをご使用いただけますので、安価で業務用端末の導入が可能です。

多様な組み合わせ

多様な組み合わせKDC400は、高性能レーザーモジュール搭載、磁気カードリーダー搭載、磁気カードリーダーのみのモデル(バーコード読み取り機能なし)などご用意しております。商品コード読み取り~カード決済まで1台で行うことが可能ですので、POSレジ導入が難しい小規模店舗やイベント、移動販売、無店舗型サービス店でのモバイルPOSとしても最適です。

簡単充電

簡単充電KDC400には1200mAhの大容量リチウムイオンバッテリーが内蔵されており、スマートフォンの外部電源としても(iPhoneを除く)利用可能です。充電の際はスマートフォンの充電も同時に行うことができます。PCを使用しない充電の場合、市販のUSB ACアダプタが使用可能です。

KDC400

価格・オプション

価 格

品名・型式 インターフェイス 標準価格 備 考
KDC410 Bluetooth搭載 OPEN 高性能レーザーモジュール搭載
KDC410i Bluetooth搭載 OPEN 高性能レーザーモジュール搭載
iPod touch・iPhone・iPad対応
KDC415 Bluetooth搭載 OPEN 高性能レーザーモジュール搭載
磁気カードリーダー(MSR)付き
KDC415i Bluetooth搭載 OPEN 高性能レーザーモジュール搭載
磁気カードリーダー(MSR)付き
iPod touch・iPhone・iPad対応
KDC430 Bluetooth搭載 OPEN 磁気カードリーダー(MSR)付き
バーコード読み取り機能なし
KDC430i Bluetooth搭載 OPEN 磁気カードリーダー(MSR)付き
iPod touch・iPhone・iPad対応
バーコード読み取り機能なし
  • ※上記価格は標準販売価格です。お気軽にお問い合わせ下さい。お見積り致します。
  • ※無線通信にはBluetoothドングルなど受信機が別途必要です。(別売)
保証 無償保証期間は出荷日より1年間です。※保証は本体のみです。
O/S 付属ソフト対応O/Sは WindowsXP, Vista, 7(32/64) です。
RoHS RoHSに対応しています。

仕様・寸法

型 式 KDC400シリーズ
制御部
CPU ARM7 32bit
フラッシュROM 256KB(データエリア)
SRAM 64KB(一時作業用)
スキャナ部
光源 可視光半導体レーザー
スキャン回数 100スキャン/秒
最小分解能 0.127 mm
通信部
USBポート USBケーブル(USB A オス-Ultra mini USB B オス)充電機能付き
RS232Cケーブル(KDC側 Ultra mini USB B オス)オプション
Bluetooth Version2.1+EDR Class2 HID/SPP(SerialPortProfile)
Version2.1+EDR Class2 HID/SPP(SerialPortProfile)/MFi (iPhone) ※KDC4xxiモデル
電源部
主電池 リチウムポリマーバッテリー 3.7VDC 650mAh
消費電流 通常:300mA @3.3V
充電時間 約5時間
環境性能
動作温度 0~+45℃
保存温度 -20~+45℃
湿度 5~85%(結露なきこと)
衝撃 1.5m落下
外観仕様
認証安全規格
安全 Laser Safety IEC ClassⅠ, CDRH ClassⅡ
EMC CE, FCC, MIC
MSR(磁気カードリーダー)
規格 ISO7810/7811/7812、JIS X 6301、JIS X 6302、JIS C 6220
寿命 500,000スワイプ
スワイプ速度 10~150cm/秒
  • ※製品の外観および仕様は改良の為、予告無く変更する場合があります。予めご了承ください。
  • ※読取性能はシンボル(バーコード)の印刷状態、使用環境などによって、変わる可能性がありますので保証されるものではありません。
  • ※パソコンや機器との各インターフェイス接続は動作を保証するものではありません。

読み取りコード

1次元コード JAN13、JAN8、アドオンコード、EAN13/8、Code128&GS1-128(旧UCC/EAN128)、Code39、UPC-A、UPC-E、Codabar(NW-7)、ITF(インターリーブド 2of5)、Code11、Code93、Codablock、Matrix 2of5、Standard 2of5、インダストリアル 2of5 など、PDF417(オプション)
※最小読み取り桁数は2桁です。

各種ダウンロード

この製品に関するダウンロードデータはありません