1. トップページ
  2. バーコードについて
  3. バーコード規格情報

バーコードについて

バーコード規格情報

GS1-128

UCC/EAN-128は2006年1月よりGS1-128とされました。
GS1-128はCode128を元に一定の規則で表示したバーコード規格です。
医療業界の医療材料、薬品やコンビニエンスストアの料金収納代行の支払い伝票で使用されています。

(財)流通システム開発センター GS1-128

GTIN

GTIN(ジーティン)(Global Trade Item Numberの略)は、国際的な流通標準化機関のGS1が推進する国際標準の商品識別コードです。コンピュータ上の桁数を14桁に統一化するためJANコード13桁・8桁、UPCコード12桁・8桁の先頭に不足分の0を補填して桁数を合わせます。GTINは企業間の取引上で利用する商品コードであり、JANコードを14桁に変更したり、JANシンボルによる13桁,8桁のソースマーキングを変えるものではありません。

(財)流通システム開発センター GTIN

新雑誌コード

雑誌(定期刊行物)コードが2004年6月から新しいコード体系で実施されました。

<理由>

POS用コードのUPCが2005年に13桁のEANコードと統一され国コードに"10"~"13"が割り振られます。このため現行の雑誌コード"11"を変更しなければならなくなりました。また雑誌形態の多様化により、発行月・週以外に発行年も表示管理しなければならなくなったためです。

(財)流通システム開発センター 定期刊行物コード(雑誌)

<実施時期>

2004年6月1日発売分から実施。

<新コード体系>

13桁+アドオン5桁

491 0 99999 VV Y CD 0 9999
フラグ 予約 現行雑誌コード 号数 年号 チェックデジット 予約 本体価格

UPC

UPCコード(Universal Product Code)は、Uniform Product Code Council Inc.によってアメリカの小売業向けの共通シンボルとして制定されたものでアメリカ、カナダで使用されている統一商品コードです。UPCにはUPC-AとUPC-Eがあり、UPC-Aは12桁、UPC-Eは8桁で構成されています。

EAN

EANコード(European Article Number)は、ベルギーに本部をもつEAN(Europian Article Number)協会が管理する統一商品コードです。EANには13桁の標準バージョンと8桁の短縮バージョンがあります。

JAN

JANコード(Japanese Article Number)は、1978年流通業界の共通商品シンボルのためにJIS-X-0501として規格化されたコードで、13桁の標準バージョンと8桁の短縮バージョンがあります。

Code128